Ankerを使うとほかのモバイルバッテリーには戻れない気がする

ぷち情報

スマホ依存症なのでどこに行くにもモバイルバッテリーが手放せません。まいこーです!

最近はスマホをHuaweiのP20Liteに変えてバッテリーの減りが全く気ならなくなってきましたがやはり遠出の時とかはモバイルバッテリーがないと不安になります。

いままでモバイルバッテリーはどれもたいして変わらないだろうと実家にいたころにドコモポイントで買った6000円くらいの6000mAhのモバイルバッテリーを使っていたんですが最近Ankerがすごい!という情報を聞いて買ってみました!

価格が安くてなおかつ大容量

モバイルバッテリーに求める条件は「なるべく安く、それでいて大容量」これに尽きると思っています。

まず値段ですが今回買ったのは「 Anker PowerCore 10000 」

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 2020年4月時点 (ブラック)

値段が3000円台で10000mAhという意味が分からない値段設定!

最近のバッテリーは安くなってるのは知ってたけどAnkerは別格だなと思いました。

高速充電にも対応

今使っているスマホのP20LiteはケーブルがType-Cで高速充電に対応しているのですが通常のモバイルバッテリーで高速充電ができません。

今回の Anker PowerCore 10000 は高速充電もできるので充電が30分も経てば十分使える容量まで充電してくれます。

Ankerが10000mAhあるのでAnkerを1回フル充電すれば2,3日は充電の心配をしなくていいのが素晴らしいです!

充電器としてもモバイルバッテリーとしても使えるものもあるとか。。!

これなんですけど

製品のポイント新しい充電のあり方へPowerCore FusionはUSB急速充電器の信頼性とモバイルバッテリーの利便性を完璧に組み合わせました。それぞれの特徴を活かした、Anker史上最も万能性の高い製品です。
フルスピード充電技術Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、スマートフォンを始め、タブレット端末、GPS搭載機器、ゲーム機やその他USB接続機器へのフルスピード充電を実現します(Qualcomm Quick Chargeには対応しておりません)。
家の中でも外出先でもコンセントからPowerCore Fusion本体とその他の機器を充電できます。始めにお使いの機器を充電し、その後PowerCore Fusion本体の充電を開始します。そのまま持ち出せば外出先であっても、iPhone XSを約2回、その他スマートフォンを1回以上フル充電が可能です。

Anker公式サイト

HPから説明文引用したんですが充電器としてつかってたらいつでもフル充電でコンセントから抜いた後はモバイルバッテリーとして使える優れもの。

モバイルバッテリーの充電し忘れてた!とかよくあったので充電し忘れる心配もないし旅行の荷物で充電器は必須でモバイルバッテリーも持っていくという人は荷物が1個減ります。

色もかっこいいしこれの赤を買おうかな?

モバイルバッテリーの物欲が止まらないと思いませんでした。笑

コメント