自信がついたらやるという考え方はなくしたほうがいい

その他

ブログで何を書けばいいのかなと悩むと、いろんな人のブログを読み漁ります。

社長のブログは一通り目を通していたけれどもう一度読んでみることにしました!

オンデーズの社長のブログ
TANAKA SHUJI@OWNDAYS 社長さんのブログです。最近の記事は「OWNDAYSを応援して頂いてる方へ大事なお知らせ」です。

その中でもいろんなことに挑戦するうえで障壁を取り除いてくれるものとして残っている記事が↓↓

『「自信」という自分をダメにする魔法の言葉の話。』
 人が勢いよく成長する秘訣は 「自信」 という言葉を使わない。 これに尽きると思う。 よく若いスタッフとマネージャーのやりとりで 「あなたはいつ店長に立候補す…

新しいことに挑戦するときに出来る自信がついたらやります!と言っていた記憶が自分にも多々ありました。

ですが、このブログを読んで「自信がついたらやる」というのは単なる逃げで結局やらない言い訳に自信という言葉を使っているだけだと気付きました。

いまでは新しい挑戦をすることになにも抵抗がないし出来なくても出来るようになるまでやればいいだけという気持ちに切り替わり

新しい環境に移ることだったり、初めて行く海外にも物怖じしなくなったりまだ浅い部分ですがどっしり構えることができています。

ただ自分に自信がないのは基本的にデメリットしかなくて(特に接客業では)堂々としているほうが話す内容に説得力が出たり、管理職として安心して頼ってもらうために自信を持つのは大切だと思う。

今の自分の欠点として自信のなさが前面に出てしまっていて損をすることが多い気がしているので、せっかく見た目からガラッと変えるきっかけを貰いこんな機会はまずないと思うので結果を残して内面も一気に変えていきたいと思います!

とりあえず、かほく店の売上を圧倒的に上げないと。

頑張ります!

コメント