発信を始めて見えてきた未来

OWNDAYS

沖縄の研修から帰ってきて3日、次の日はすぐ土日でメガネ屋の営業にばたばたしながらも参加メンバーのTwitterの投稿を見てみんな早速頑張ってるな~と感傷に浸っています。

まいこーです!

池田しーじゃーのブログめっちゃいい

少しだけ自分の話を。

僕は中途入社で新卒で入った人のように同期がいるわけではなし、OWNDAYSの中で田中社長の書いた破天荒フェニックスの大変な時期を乗り越えてきたわけでもない。

もちろんアルバイトのときから一緒に働いていた人たち、社員となってから関わってきた人達はいるけれどもどこか孤独感を持って働いてきました。

それが悪いことだと思っていなかったしむしろ自分のものさしだけで判断できるし、なにか失敗とかどうしたらいいのか分からない時に慰めあうだけのひとならいらないとか思っていました。

ですが、この研修で出会った人達はみんな方向性は違えどこれからの未来に前向きで変化を恐れない人たち。

みんなそれぞれの悩みを抱えていて楽しい中にもそれを感じて、それでも努力し続けて前向きに改善しようともがいている風に見えました。

自分の中で同じ志を持って行動する人がいることの心強さをこんなにも感じたことがなかったので、この研修で一緒の方向を向いている仲間がいることの大切さを学んだ気がします。

たぶん研修前ならこんなセリフは出ていなかったでしょう。

そんなOWNDAYSのSNS研修のメンバーですが、分からないなりにも発信を続けてきたことでこいつなら会社に影響をもたらすんじゃないかと田中社長、奥ノ谷さんに選んでもらえたわけです。

逆を言えば途中で自分にはどうせ無理だと諦めていたらこの研修にも呼ばれることはありませんでした。

それだけでも、発信を続けてきて良かったと思っています。

このSNS研修の課題の一つで参加者全員、「発信を続けて見えてきた未来」というテーマでプレゼンをすることになりました。

そこで今回の自分のプレゼンを簡単にブログにまとめたいと思います。

。。。。。

僕が発信を始めたのは社員登用の際に社長面接があったのですがその時に言われた「OWNDAYSの中心に行くなら3つの事をすればいい」という言葉です。

ちなみに中心に行くというのはOWNDAYSでは出世を意味します。

その3つの事というのが

・毎日10㎞走ること

・3日に1冊本を読むこと

・毎日SNSを更新すること

この3つのことをすれば1年でエリアマネージャーになれるということでした。

入社したときからせっかく働くのであればはやく出世をしたいと思っていたのでまず手軽に始められる本を読むことと、SNSの更新をしよう!と発信を始めました。

発信を続けているうちに発信をするということはどういうことなのか分かってきます。

SNSでわざわざ毎日投稿するようなキラキラした出来事はそう毎日起こるものではありません。

続けていこうと思うとどうしても自分と向き合わなければなりません。

つまり発信をするというのは自分の好きなこと、興味のあること、考え方を常にオープンにしていくことだと思います。

オープンにすることによって発信を見ていればどんな人かもわかるし少しずつ自分のファンになってくれる人が増えるのではないでしょうか?

東京の一部店舗ではモバイルオーダーペイというものが導入されています。 

こないだはこんなツイートをしました。

これから少子高齢化にむけて単純な仕事はロボットやAIに任せるようにシフトしていきます。

そうなったときに自分達が働いているメガネ業界、小売業で必要になるのはロボットやAIに取って変えられない人材、例えば買うならこの人から買いたい!と思ってもらえるような人がたくさんいることだと思います。

つまり研修でいつも言われている「OWNDAYSの〇〇さんではなく、〇〇さんのいるOWNDAYS」になって行くことがOWNDAYSで働く上で重要なことではないでしょうか?

以下社長のブログからの一部抜粋です。

これからの時代は、ただ企業が発信するお金をかけた広告だけでなく、そこで働く人たち自身が、自分たちの目線や言葉で、自分たちのサービスや商品を紹介していって、自分の半径10mの人たちから、共感と信頼を得て、価値を繋げていく時代だと思うし、僕は自分の会社で働くスタッフのモラルを信じているので、みんなが自分の言葉で発言することを尊重したい。

田中社長のブログ「メガネ屋の仕事、なくなるってよ。」より

OWNDAYSで働く上で社長がSNSの発信することをほぼ制限なく許している状態でむしろ積極的に使っていこう!と推奨されているので

やらない理由がないのかなと僕は思っています。

OWNDAYSで働くスタッフが発信を続けて見えてくる未来はOWNDAYSにとって成長の一助になると思います。

コメント